Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://toipsy.blog.fc2.com/tb.php/441-5b8c27d2

トラックバック

コメント

[C330] コウノメソット レビー

レビー小体型認知症の
適応持った薬を早く認可して 保険適応に
 いつまで アリセプト3mgでようすみるのでしょうか・・・。
トレリーフ錠の効果は・・・。 
  • 2014-06-23 09:26
  • adhd 薬剤師
  • URL
  • 編集

[C331] フェルガード コウノメソット

ANM176の臨床試験に関わった河野医師はコピー商品であるフェルガードの広告塔となり、誰よりもフェルガードを販売して、おっしゃるとおり完全に業者とつるんでいる。
患者を思い、戦っているすばらしい人だと最初思っていたが、最近のブログを見ていれば、そうでないことがよくわかる。
製薬会社や他の医師の批判だらけの品のなさは、見るに堪えない。
彼は、認知症界で天下をとりたいだけのように見える。
あのブログは自分の自慢話と、自分を絶賛する他の人たちのコメントがのりすぎていて気持ちが悪い。
個室の露天風呂に浸かっている写真をブログにのせていた時は、この人は自分を何様だと思っているのだろう、何を勘違いしているのだろうと思った。
あれを、そのまま信じて、コウノ信者のようになっている人もいるが、何より、絶賛している医師がいるのに驚く。
公に批判する記載が、全くないので、ここまでのさばってしまったのかと思った。
というか、相手にしていなかったせいかもしれない。
けれど、そろそろ誰か止めてくれないと困ると思う。
今回このような記載を見つけて、幾分すっきりしました。
  • 2014-06-26 14:52
  • あお
  • URL
  • 編集

[C332] コウノメソッドとは?

名古屋でいいとおもっている人は少ない。記載に対して引っかかったので
・・・・・・くすりに対して 推奨する人に対してか????。
  • 2014-06-30 10:32
  • adhd 薬剤師
  • URL
  • 編集

[C333] といぴ

教条的なやり方に対してでしょうか・・?
  • 2014-07-01 06:51
  • ななしさん
  • URL
  • 編集

[C336] 小阪憲司氏の弁明

2014/6/28, 日本精神神経医学会(横浜)での講演

<レビー小体型認知症の治療について>

司会:薬の量は少なければそれにこしたことはないと思われますが

小坂氏:ドネペジル少量(1-3mg)で有効だと主張するDrがいるが、それで有効な例は少数です。臨床研究の成果から、ドネペジルのレビーへの適応症を申請中でして、承認されれば世界初めてです



6/28朝の新聞にはこの記事がのっていた
http://www.asahi.com/articles/DA3S11213712.html
エーザイの資金で始まったJ-ADNIはもう終わっているね
  • 2014-07-05 11:27
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C337] 臨床試験論文

  • 2014-07-05 13:31
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C338] 「ANM176」の解説

http://anm176.com/

「ANM176ヒト試験連絡会の無断引用について」は読んでおくべき

 フェルラ酸とガーデンアンゼリカ抽出物を配合したサプリはANM176とフェルガードの2種類があり、両者は組成等が若干違うようである

 コウノメソッドでは、商品名は代表的な一種のみ掲載することになっており、フェルガードを採用しているが、ANM176を否定しているわけではない
  • 2014-07-06 10:35
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C339] コウノメソッド2009

http://www.forest-cl.jp/method_2009/

 ANM176の価値は、アリセプトが効かないATD 患者にとどまらず、レビー小体型認知症、ピック病、石灰化を伴うびまん性神経原線維変化病(DNTC)、正常圧水頭症(NPH)、正常者にも奏効 することが確認できたことである。NPH の場合なんらかの理由で髄液排除ができなくても ANM176で歩行が可能になったり、後屈が治りうる。
 いかなる病型においても車椅子の患者が立ち上がったり歩くということは、結構おきる。その改善率は、サアミオンやシンメトレル をはるかにしのぐ。

 なお、NewフェルガードはANM176 の後発品であり、ガーデンアンゼリカの産地が違う。
  • 2014-07-08 23:05
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C341] コウノメソッドの変遷

2012年版
http://www.forest-cl.jp/method_2012/kono_metod_2012.pdf

2013年版
http://www.forest-cl.jp/method_2013/kono_metod_2013.pdf

2014年版
http://www.forest-cl.jp/method_2014/kono_metod_2014.pdf


 2012年版では、ANM176とフェルガードを同等に扱ってきたが、2013年版以後はフェルガードのみの記載になっている

 2014年版では「自分の方法にメソッドを加えるのではなく、完璧にメソッドどおりに処方すること」といった表現が加わり、より教条的になった
  • 2014-07-09 21:31
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C342] フェルガードをめぐる裁判

  • 2014-07-09 21:41
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C343]

詳しい情報ありがとうございます!
  • 2014-07-13 08:41
  • といぴ
  • URL
  • 編集

[C344] 日本医事新報社「コウノメソッドでみる認知症診療」(2012)

 本書では、ネットと違い、フェルガードの効果はあまり強調されず、フェラル酸という一般名のみ記載されている。同書153頁の『興奮系健康補助食品』の解説記事を下記に紹介する

  ◇

 日本医師会「医師の職業倫理指針」をこう引用してサプリメントの必要性を説明している。

 『医薬品、医療器具以外で、食品や日常生活上の用具など、人々の健康の増進や生活の便宣に役立つ物やサービスを推薦することは、健康に関する専門家たる医師の社会的役割の1つであって広く認められるべきである』

 『医師や医療機関の経営者は、そのような商品やサービスの提供によって利益を目論むことは慎むべきである』


 また、『フェルラ酸含有食品の後発品も科学検討に足るだけの人数が改善を経験しています』と書いて国立菊池病院のフェルガード論文を紹介している
  • 2014-07-13 11:22
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C347] 朝日賞受賞

小阪憲司横浜市立大名誉教授が「レビー小体型認知症」発見で朝日賞受賞
2014.1.30
http://www.yokohama-cu.ac.jp/univ/pr/140213kosaka_asahi_prize.html

2014.1.14の取材
http://www.yokohama-cu.ac.jp/univ/pr/140213kosaka_asahi_prize2.html
「アリセプトは…レビー小体型認知症には公的には使用できないので、現在私が中心となって臨床治験を行っており、国に保険適用になるように申請しています」

2014.1.10の朝日新聞記事
http://dr-kono.blogzine.jp/ninchi/2014/01/2014113_1d40.html
  • 2014-08-20 11:33
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C348] エビリファイについて

 今日のドクターコウノのblogでは、エビリファイを痛烈に批判している。エビリファイは国立菊池病院で認知症のせん妄患者によく使われている。私も認知症患者に使って7割成功、3割失敗である。

 blogでは外来患者にいきなり6mgを投与しているが、私は外来での初期量を3mgにしている。反応をみて、6mgに増量することもあれば、1.5mgに減量することもある

 要するにアリセプトと同じで、投与量が肝心なのである
  • 2014-08-25 15:27
  • ちまたの精神科医
  • URL
  • 編集

[C350] エーザイの承認申請

アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト」
日本でレビー小体型認知症に関する効能・効果を追加申請
http://www.eisai.co.jp/news/news201361.html


◇小坂氏が指導したRCT論文
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ana.23557/full

" The study was sponsored by Eisai Co., Ltd., Tokyo, Japan " と明記されている
  • 2014-08-31 21:13
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C351] アリセプト、レビーへ適応

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/43707.html

 エーザイのアルツハイマー型認知症治療薬「アリセプト」(一般名ドネペジル塩酸塩)は、レビー小体型認知症の症状の進行抑制の適応追加が了承された

 現在、国内外にはレビー小体型認知症に対して承認された医薬品は存在しないが、認知症疾患ガイドラインでは、レビー小体型認知症の薬物治療の第一選択薬とされており、臨床現場では、適応外使用が行われている実態がある

 今回の適応は、アリセプト錠3mg・5mg・10mg、アリセプトD錠3mg・5mg・10mgのほか、アリセプト細粒0.5%、アリセプト内服ゼリー3mg・5mg・10mg、アリセプトドライシロップ1%が対象となる
  • 2014-09-07 17:42
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C352] 朝日への批判

 先週/今週と慰安婦報道での朝日新聞を批判しているが、完全にblogの趣旨とそれている。朝日新聞はエーザイを批判し、河野氏を支持しているのに…

国家プロジェクトJ-ADNIで改ざんか
http://dr-kono.blogzine.jp/ninchi/2014/01/2014113_1d40.html

製薬社員、書き換え指示 職員「データ、次々持ってきた」 J-ADNI疑惑
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11155754.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11155754

ドクターコウノの功績
http://apital.asahi.com/article/nagao/2014080800003.html
  • 2014-09-09 21:24
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C353]

しかし、小坂先生の著作を読んでも、レビー小体型認知症の薬物治療ができるようにはならないのです。
エー○イが絡んでいる時はアリセプトは用法通り使用するよう話しますが、絡んでない時は少量投与を肯定してるとの話しも。
  • 2014-09-12 00:55
  • 名前はもうない
  • URL
  • 編集

[C354] フェルガードへの批判

http://ameblo.jp/kyupin/entry-11183972770.html#cbox

 ある時、僕の友人の治療で打つ手がなく困り果てて、フェルガードを使ってみた。
 なんとフェルガードを服用した翌日に希死念慮がうわっと出現したのである(もちろん中止)。このようにフェルガードは脳に作用しているのは間違いない


 ……うちの母に認知症の診断が出てから4年目に、1年半ほどフェルガード100Mを飲ませていましたが、その間も出来なくなる事が増えていって、認知力の向上はしなかったので、今は飲ませていません。
 やはり個人差があるのかも
  • 2014-09-15 22:19
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C356] コウノメソッド2015

 コウノメソッド2015が公表された。
http://www.forest-cl.jp/method_2015/kono_metod_2015.pdf

 27頁に、「ほかの学会との違いは…製薬会社の協賛を受けていない」と非常に立派な事が書かれてある

 一方ですぐ上の26頁には”03-5540-8975”の電話番号がかかれてある。これはグロービアの電話番号で、利益相反に疑問点がある
http://www.glovia.co.jp/medical/
  • 2014-11-25 21:37
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C359]

小坂先生、エーザイのCMに出てますね。
これで、わかる人にはわかるでしょう。
  • 2014-12-17 00:13
  • いぬ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コウノメソッド批判

レビー小体病を提唱してきた小阪憲司先生の講演が松本であった。
内容はさすがのまっとうさとわかりやすさだった。

レビー小体型認知症は、REM睡眠行動障害、幻視、薬物過敏、うつ、自律神経症状などの症状から、知れば知るほど診断できて、コリン不活躍、メマリー、抑肝散、セロクエル、LDopaなどを上手に使うとアルツハイマー型認知症以上に患者さんにとってメリットは大きいということがわかった。
(アルツハイマー型認知症との併存も多い。)

面白かったのはコウノメソッドについて・・。

・コウノメソッドの河野先生についてあれは問題がある。
・かってに私に教えをうけたと言っているが、教えたことはない。
・認知症学会のランチョンセミナーによばれて調子にのっている。
・名古屋のあたりではいいと思っている人はいない。
・(長寿の?)遠藤くんといっしょに飲んだ時に、河野くんをよびだしてしめてやらんといかんといっているんですよ。

などとメタメタだったこと。
特に、

・フェルガードにそまっていて業者とつるんでいること。(得にこの点に批判的)
・アリセプトなどのコリン賦活薬を3mg以下の少量でなければいけないと決めつけていること。治験でも少量でいいケースもあるが量を増やした方がいいケースもあるというデータがでている。
・いまさらシチコリンなどは使わなくてもいいということ。

などの点に批判的だった。

河野先生の著書にはけっこう現場で使えるコンセプトや処方のコツなどはあり、他にこれほどプラクティカルな治療マニュアルはないのでよく利用させてもらっているのだが・・。
その後、そのことを、河野先生の医院の近くで認知症診療をやっている先生にもきいてみたが、最近は言葉や症状の組み合わせで自動的に薬がきまるような診療で、サプリメントのフェルガードを使わない人は診ないそうであり、それで上手くいっている人は残るが、がっかりして逃げ出してきている人もいるとのことであった。

あまりにたくさん診すぎているためだろうか、介護者にもアセスメントを依頼し、患者さんにあわせて丁寧にカスタマイズをするというコウノメソッド当初のコンセプトが河野先生自身から抜け落ちるような事態が発生してしまっているのだろうか?

優れた臨床家であったのかもしれないが、あまりに科学的でない一方で、いつのまにか教条的になりすぎている点が批判されている点なのだろうと思う。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://toipsy.blog.fc2.com/tb.php/441-5b8c27d2

トラックバック

コメント

[C330] コウノメソット レビー

レビー小体型認知症の
適応持った薬を早く認可して 保険適応に
 いつまで アリセプト3mgでようすみるのでしょうか・・・。
トレリーフ錠の効果は・・・。 
  • 2014-06-23 09:26
  • adhd 薬剤師
  • URL
  • 編集

[C331] フェルガード コウノメソット

ANM176の臨床試験に関わった河野医師はコピー商品であるフェルガードの広告塔となり、誰よりもフェルガードを販売して、おっしゃるとおり完全に業者とつるんでいる。
患者を思い、戦っているすばらしい人だと最初思っていたが、最近のブログを見ていれば、そうでないことがよくわかる。
製薬会社や他の医師の批判だらけの品のなさは、見るに堪えない。
彼は、認知症界で天下をとりたいだけのように見える。
あのブログは自分の自慢話と、自分を絶賛する他の人たちのコメントがのりすぎていて気持ちが悪い。
個室の露天風呂に浸かっている写真をブログにのせていた時は、この人は自分を何様だと思っているのだろう、何を勘違いしているのだろうと思った。
あれを、そのまま信じて、コウノ信者のようになっている人もいるが、何より、絶賛している医師がいるのに驚く。
公に批判する記載が、全くないので、ここまでのさばってしまったのかと思った。
というか、相手にしていなかったせいかもしれない。
けれど、そろそろ誰か止めてくれないと困ると思う。
今回このような記載を見つけて、幾分すっきりしました。
  • 2014-06-26 14:52
  • あお
  • URL
  • 編集

[C332] コウノメソッドとは?

名古屋でいいとおもっている人は少ない。記載に対して引っかかったので
・・・・・・くすりに対して 推奨する人に対してか????。
  • 2014-06-30 10:32
  • adhd 薬剤師
  • URL
  • 編集

[C333] といぴ

教条的なやり方に対してでしょうか・・?
  • 2014-07-01 06:51
  • ななしさん
  • URL
  • 編集

[C336] 小阪憲司氏の弁明

2014/6/28, 日本精神神経医学会(横浜)での講演

<レビー小体型認知症の治療について>

司会:薬の量は少なければそれにこしたことはないと思われますが

小坂氏:ドネペジル少量(1-3mg)で有効だと主張するDrがいるが、それで有効な例は少数です。臨床研究の成果から、ドネペジルのレビーへの適応症を申請中でして、承認されれば世界初めてです



6/28朝の新聞にはこの記事がのっていた
http://www.asahi.com/articles/DA3S11213712.html
エーザイの資金で始まったJ-ADNIはもう終わっているね
  • 2014-07-05 11:27
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C337] 臨床試験論文

  • 2014-07-05 13:31
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C338] 「ANM176」の解説

http://anm176.com/

「ANM176ヒト試験連絡会の無断引用について」は読んでおくべき

 フェルラ酸とガーデンアンゼリカ抽出物を配合したサプリはANM176とフェルガードの2種類があり、両者は組成等が若干違うようである

 コウノメソッドでは、商品名は代表的な一種のみ掲載することになっており、フェルガードを採用しているが、ANM176を否定しているわけではない
  • 2014-07-06 10:35
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C339] コウノメソッド2009

http://www.forest-cl.jp/method_2009/

 ANM176の価値は、アリセプトが効かないATD 患者にとどまらず、レビー小体型認知症、ピック病、石灰化を伴うびまん性神経原線維変化病(DNTC)、正常圧水頭症(NPH)、正常者にも奏効 することが確認できたことである。NPH の場合なんらかの理由で髄液排除ができなくても ANM176で歩行が可能になったり、後屈が治りうる。
 いかなる病型においても車椅子の患者が立ち上がったり歩くということは、結構おきる。その改善率は、サアミオンやシンメトレル をはるかにしのぐ。

 なお、NewフェルガードはANM176 の後発品であり、ガーデンアンゼリカの産地が違う。
  • 2014-07-08 23:05
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C341] コウノメソッドの変遷

2012年版
http://www.forest-cl.jp/method_2012/kono_metod_2012.pdf

2013年版
http://www.forest-cl.jp/method_2013/kono_metod_2013.pdf

2014年版
http://www.forest-cl.jp/method_2014/kono_metod_2014.pdf


 2012年版では、ANM176とフェルガードを同等に扱ってきたが、2013年版以後はフェルガードのみの記載になっている

 2014年版では「自分の方法にメソッドを加えるのではなく、完璧にメソッドどおりに処方すること」といった表現が加わり、より教条的になった
  • 2014-07-09 21:31
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C342] フェルガードをめぐる裁判

  • 2014-07-09 21:41
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C343]

詳しい情報ありがとうございます!
  • 2014-07-13 08:41
  • といぴ
  • URL
  • 編集

[C344] 日本医事新報社「コウノメソッドでみる認知症診療」(2012)

 本書では、ネットと違い、フェルガードの効果はあまり強調されず、フェラル酸という一般名のみ記載されている。同書153頁の『興奮系健康補助食品』の解説記事を下記に紹介する

  ◇

 日本医師会「医師の職業倫理指針」をこう引用してサプリメントの必要性を説明している。

 『医薬品、医療器具以外で、食品や日常生活上の用具など、人々の健康の増進や生活の便宣に役立つ物やサービスを推薦することは、健康に関する専門家たる医師の社会的役割の1つであって広く認められるべきである』

 『医師や医療機関の経営者は、そのような商品やサービスの提供によって利益を目論むことは慎むべきである』


 また、『フェルラ酸含有食品の後発品も科学検討に足るだけの人数が改善を経験しています』と書いて国立菊池病院のフェルガード論文を紹介している
  • 2014-07-13 11:22
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C347] 朝日賞受賞

小阪憲司横浜市立大名誉教授が「レビー小体型認知症」発見で朝日賞受賞
2014.1.30
http://www.yokohama-cu.ac.jp/univ/pr/140213kosaka_asahi_prize.html

2014.1.14の取材
http://www.yokohama-cu.ac.jp/univ/pr/140213kosaka_asahi_prize2.html
「アリセプトは…レビー小体型認知症には公的には使用できないので、現在私が中心となって臨床治験を行っており、国に保険適用になるように申請しています」

2014.1.10の朝日新聞記事
http://dr-kono.blogzine.jp/ninchi/2014/01/2014113_1d40.html
  • 2014-08-20 11:33
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C348] エビリファイについて

 今日のドクターコウノのblogでは、エビリファイを痛烈に批判している。エビリファイは国立菊池病院で認知症のせん妄患者によく使われている。私も認知症患者に使って7割成功、3割失敗である。

 blogでは外来患者にいきなり6mgを投与しているが、私は外来での初期量を3mgにしている。反応をみて、6mgに増量することもあれば、1.5mgに減量することもある

 要するにアリセプトと同じで、投与量が肝心なのである
  • 2014-08-25 15:27
  • ちまたの精神科医
  • URL
  • 編集

[C350] エーザイの承認申請

アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト」
日本でレビー小体型認知症に関する効能・効果を追加申請
http://www.eisai.co.jp/news/news201361.html


◇小坂氏が指導したRCT論文
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ana.23557/full

" The study was sponsored by Eisai Co., Ltd., Tokyo, Japan " と明記されている
  • 2014-08-31 21:13
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C351] アリセプト、レビーへ適応

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/43707.html

 エーザイのアルツハイマー型認知症治療薬「アリセプト」(一般名ドネペジル塩酸塩)は、レビー小体型認知症の症状の進行抑制の適応追加が了承された

 現在、国内外にはレビー小体型認知症に対して承認された医薬品は存在しないが、認知症疾患ガイドラインでは、レビー小体型認知症の薬物治療の第一選択薬とされており、臨床現場では、適応外使用が行われている実態がある

 今回の適応は、アリセプト錠3mg・5mg・10mg、アリセプトD錠3mg・5mg・10mgのほか、アリセプト細粒0.5%、アリセプト内服ゼリー3mg・5mg・10mg、アリセプトドライシロップ1%が対象となる
  • 2014-09-07 17:42
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C352] 朝日への批判

 先週/今週と慰安婦報道での朝日新聞を批判しているが、完全にblogの趣旨とそれている。朝日新聞はエーザイを批判し、河野氏を支持しているのに…

国家プロジェクトJ-ADNIで改ざんか
http://dr-kono.blogzine.jp/ninchi/2014/01/2014113_1d40.html

製薬社員、書き換え指示 職員「データ、次々持ってきた」 J-ADNI疑惑
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11155754.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11155754

ドクターコウノの功績
http://apital.asahi.com/article/nagao/2014080800003.html
  • 2014-09-09 21:24
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C353]

しかし、小坂先生の著作を読んでも、レビー小体型認知症の薬物治療ができるようにはならないのです。
エー○イが絡んでいる時はアリセプトは用法通り使用するよう話しますが、絡んでない時は少量投与を肯定してるとの話しも。
  • 2014-09-12 00:55
  • 名前はもうない
  • URL
  • 編集

[C354] フェルガードへの批判

http://ameblo.jp/kyupin/entry-11183972770.html#cbox

 ある時、僕の友人の治療で打つ手がなく困り果てて、フェルガードを使ってみた。
 なんとフェルガードを服用した翌日に希死念慮がうわっと出現したのである(もちろん中止)。このようにフェルガードは脳に作用しているのは間違いない


 ……うちの母に認知症の診断が出てから4年目に、1年半ほどフェルガード100Mを飲ませていましたが、その間も出来なくなる事が増えていって、認知力の向上はしなかったので、今は飲ませていません。
 やはり個人差があるのかも
  • 2014-09-15 22:19
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C356] コウノメソッド2015

 コウノメソッド2015が公表された。
http://www.forest-cl.jp/method_2015/kono_metod_2015.pdf

 27頁に、「ほかの学会との違いは…製薬会社の協賛を受けていない」と非常に立派な事が書かれてある

 一方ですぐ上の26頁には”03-5540-8975”の電話番号がかかれてある。これはグロービアの電話番号で、利益相反に疑問点がある
http://www.glovia.co.jp/medical/
  • 2014-11-25 21:37
  • ネコ助
  • URL
  • 編集

[C359]

小坂先生、エーザイのCMに出てますね。
これで、わかる人にはわかるでしょう。
  • 2014-12-17 00:13
  • いぬ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

toipsy

Author:toipsy
地域医療、リハビリ、地域ケアなどを経て、長野県の精神医療分野辺縁に生息。児童思春期青年期、発達支援中心。セルフヘルプ、ピア、地域づくりなどに興味があります。
2013年以前の記事はこちら

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。