2018
06.11

幼児の虐待死、無差別殺傷事件の報道に接して

Category: 未分類

先日、新幹線のぞみ車内で青年による無差別殺傷事件がありました。
容疑者が精神疾患(発達障害、アスペルガー症候群?)で入院歴があるとの報道があります。また5歳の幼児が、行政的、医療的支援からはずれ虐待死したという悲惨な事件の報道も続いています。これらに紙一重の事例は現場の支援者は日々経験されていることと思います。

殺人自体は減っていますが、自殺者は多いままですし、こういった事件はなくなることなく続いています。政府がやろうとしていることを見ると、強者の今だけ、金だけ、自分だけの政策で、ますます弱者に厳しくなってきているように思います。

虐待や発達障害と反社会的行為との関連は私自信、注目せざるを得ない分野です。最近のさまざまな事件の精神な鑑定には必ず発達特性と養育環境の双方の視点もはいるようになってきています。

少し古い本ですが、「非行と広汎性発達障害(藤川 洋子著、日本評論社)」などがわかりやすいと思います。発達特性と親子の関係から解きほぐしています。観念上の父殺しと自然死に近い形での母との別れが必要と説いています。

また、犯罪にいたる要因の研究ではリスク因子と保護因子の関係で説明するのが一般的かと思います。教育ジャーナリストの品川裕香さんの著作などに詳しいです。

発達障害はその育てにくさゆえに虐待のリスクにもなりますし、少数派ゆえに理解や支援を得られにくく家や学校、社会での不適応を繰り返すと被害的認知をもちやすいなどの成人期以降の社会不適応のリスク因子の一つにもなりえます。

しかしその一方でASDの場合は自閉性が保証されれば自分なりの世界や楽しみを持った上で、社会生活においてはユニークな視点を持ちながらもむしろルールをしっかりまもる良き市民(研究職や職人、アーティストなど)になるでしょう。

またADHDの場合は多動性や衝動性、向刺激性を保証されればアスリートや冒険家、ベンチャー、危険を顧みない仕事に従事するなど危機要員として、また世界の限界や楽しみを広げてくれる存在として活躍できるでしょう。

発達障害を社会不適応のリスクにしないために、理解と支援、場合によっては幼少期から継続した支援と親も含めたケアが必要で、医療も教育も福祉もバトンをとぎらせることなくつないで伴走していくことが必要です。
不適切な養育環境に関しては、親への支援をベースとしながらも、どうしても家族での養育が難しければ適切なタイミングで社会的養護(里親など)も必要と思われます。

また格差や貧困を解消し、社会全体で子育てを支援する体制を充実させ、リスク要因のある子どもや家庭環境でも虐待に至らず、保護要因が十分に上回るように、子どもの貧困の解消、一般の子育て支援を拡充することが、結果として親の養育能力に乏しい子ども、発達障害の子どもも救うことになります。

少数派が声をあげられる場を維持し、社会全体の対話を促進しすること。
そしてすっかり歪んでしまった我が国の政治をまっとうに機能させることも必須と思います。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
04.09

発達障害あるあるラボトークライブ in しおじり2018

Category: 未分類


4月7日に、塩尻えんぱーくで発達障害の手作りのイベントを開催しました。

「発達障害あるあるラボ」という発達障害のピアサークル、セルフヘルプグループを2年間ほそぼそとやっていて、大人の発達障害のグループから、親子のグループが生まれ、発達凸凹の子の子育てや教育に成人当事者がコメントをしたり、混じり合うところも面白さで参加者も増えてきてニーズをひしひしと感じていたのですが・・。

その中で、どうも発達障害の講演会とか県や市町村などもしょっちゅう開催してエライ先生のご高説を拝聴みたいなのはよく開催されていて、いろいろあってそれはそれでいいんだけど、外から目線の物が多く、うまく体験が理解されていないよね・・。困っている人はいっぱいいるんだけど、当事者同士が、つながれていないよね・・。具体的な支援につながらないよね、という声がいつもありました。

そうこうしているうちに4月の第一集は発達障害の啓発週間だというのにそういえば中信圏域では何も企画がないよね・・。長野や諏訪や盛り上がっているのに、松本平はまとまりがわるいよね、というところから始まったこの企画。
場所予約しちゃいました〜というとろから始まりました。
いつものトークを見てもらえばそれだけで十分いろいろ伝わるし面白いよねというところからでしたが、(ですので失敗はない。参加者が少なくてもちょっと高い会場をつかったくらいのもので・・。)、そこに当事者のアート展や音楽ライブ、同人誌の制作、諏訪のライトアップの実行委員会の方なども相乗りしてくれて様々な企画が相乗りし立派なイベントになりました。

自分はいつもながら自分がやりたくて、やれて、楽しいことが最優先。
入場券代わりの缶バッチをつくらせてもらったり、いろんなつながりや団体に、あちこちに声をかけて原稿や参加者をつのったりしてやりたいことやらせてもらいました。当事者、親、医療、教育、福祉、行政をまたぐにはボトムアップ・アプローチが一番いい・・。

行動援護などもされているセミプロのシンガーソングライターのトーメさんや新聞記者さんなど、いろんなプロもプロボノ(専門知識や技術を持つ人の自発的な無償や低額のボランティア)で参加していただき、立派なイベントになりました。

挨拶


トーク内容、もっと詰めておかなくていいの?とハラハラして、当日の直前の打ち合わせもできませんでした、当日会場から飛び入り参加頂いた方の話がわかりやすく、感動的だったり何がでるかわからないのはライブならではですね・・。場を設定すればいろんな出会いやつながりがうまれますね。

親子トーク

親子の発達障害あるあるラボトークライブ

大人トーク
大人の発達障害あるあるラボトークライブ

さらに盛り立てていろんなつながりを作っていきたいです。
スーパー心理士の上間はるえさんがブログでまとめてくれているのでこちらもご参照ください。



Comment:0  Trackback:0
2018
03.11

(大人の&親子で)発達障害あるあるラボ公開トークライブ

Category: 未分類
発達障害啓発週間イベント。
ピアエンパワーメントグループの、大人の&親子で発達障害あるあるラボの公開トークライブです。子どもが発達障害かも?と心配している親、大人の当事者・支援者・発達障害に関心のある人は誰でも歓迎です~。

あるあるライブ

イベントページはこちら

参加費:500円(資料代込み、未成年は無料)
申し込み:不要
場所:えんぱーく3階の多目的ホール

13時30分〜親子で発達障害トークライブ
14時45分 〜トーメさんのミニライブ
15時15分 〜大人の発達障害トークライブ

壇上でばんばんトークしたい方、展示などを含め何かやってみたい方、お手伝いしてくださる方ご連絡ください。
先輩のお母さんたち・成人当事者らと交流したい・質問したいという人もOKです~。
当事者のアート?作品も展示予定です。

お問合わせ、質問、ご意見、企画などはaruarulabo@gmail.comまで。
Comment:0  Trackback:0
2018
03.11

発達障がいに関する研修会in飯島町。

Category: 未分類
3月6日、長野県の次世代サポート課と翔和学園の企画のシンポジウムで福岡寿氏と伊藤寛晃氏とご一緒させていただいた。

 福岡寿さんは、いつも通り面白くてためになり元気になる話。これまでの歴史や全国の動きなども示す一方で、具体例も豊富。最近は保育園での仕組みづくりに力を注がれている。私も保育園の巡回相談もつかせていただいたが保育園までに集団の中で特性に気づき、親にも気づかせ、フォローしてつなぐ仕組をつくること。特に目立たない子に特に注意すること。高校ぐらいにヘロヘロにならないように、中学くらいまでに自分の特性を知り活かせるようにすることの重要性を指摘。

 ギフテッド教育をうたう翔和学園を伊藤さんは本人の好きや得意に徹底的に注目して関わること。その一方で集団を活かすこと、身体アプローチの重要性などなどを述べられていた。成人の二次障害事例、ひきこもり事例、知的障害のある事例も粘り強く関わっているようだ。昨年見学させていただいた長野の翔和学園は生活訓練と就労移行支援の仕組みを利用した福祉型学園で、学園生活的なものに思い残しがある群には最適と思った。一方の東京の翔和学園は放課後ディやフリースクール、卒後の就労支援事業所もあり多機能で垂直統合型の事業をおこなっているようだ。

 私からは医療では二次障害をきたしてからの関わりなりがちだが、医は医無きを期す、予防は治療に勝るという視点。障害の問題から少数派に関わる本人と周囲のメンタルヘルスの問題としてとらえるべきではないかということ、家族会や当事者会などのサポーテッドピアサポートの重要性、医療機関の予後調査で生活介護か福祉的就労か一般就労したかなどがアウトカムとして評価されるが、余暇活動が充実しているか、幸福度はどうか、就労が継続できているかなどが真のアウトカムになるべきではないかと提起してみた。

 長野県の発達障害児者支援連携協議会の事務局は精神保健センター内の発達障害者支援センターから、次世代サポート課に移管される。次世代サポート課は県知事直営のちょっとかわった部門で、信州やまほいくなども推進しており、幼児教育と、高校以降の教育、翔和学園のような教育で義務教育をはさみ、福祉、教育、医療の壁を取り払い特別支援教育を普遍化させていく腹づもりのようだ。長野県の発達支援や教育はこれから面白くなっていきそうだ。
Comment:0  Trackback:0
2018
03.11

幼稚園での親支援プログラム

Category: 未分類
3月6日に信州大学附属松本幼稚園で親支援として前回の講演につづき希望のあったペアトレのさわりをつたえる企画を開催。自分では自信がなかったので、ペアトレに携わってきたミカプロ(子どものミカタプロジェクト)の高瀬CPにお願いしました。 東京や松本で子育て支援や教育相談、スクールカウンセラーをされてきた高瀬さんは会場の参加者や先生も巻き込み、さすがの話でした。

本来は複数回のプログラムで親を支援し、仲間づくりをおこない、行動の変化に肯定的注目を与え続けなければなかなか難しいかもしれないけれど、子どものミカタを学んで子どものミカタになることですこしでもやってみようと思ってもらえればその子の将来がかわってくるかなぁ。

 発達障がいの知識やペアトレの基本を伝えるこういった企画は一般の親にむけて全ての保育園や認定こども園、保育園であってもいいとおもいます。 

 レポートはこちら

Comment:0  Trackback:0
back-to-top