2013
11.25

精神医療をどう育てどう使うか?

Category: 未分類
 社会の中で医療はどのような役割を果たしているのだろうか。できれば医療、特に精神医療とは関わりたくない。そして精神科の診断なんてまっぴらごめんだと考えている人もいるかもしれない。しかし医療は普段から人々の生活を見守っており、いざ困ったときには頼りになる存在でありたいと考えている。
 精神医療はリカバリー志向である。これは病や障害に振り回されていた生活や奪われた尊厳、人生を当事者自らの手に取り戻していくことを目指すということである。
 しかし精神障害とは他者と上手くつながれなくなる障害であり、家族も含めて社会から孤立し、支援を受けることそれ自体に支援が必要な状態に陥ることもある。支援者にはわずかな接点をたぐり粘り強く治療への合意へ至る過程を寄り添う丁寧な関わりが求められる。急性期に当事者と支援者が苦労した経験がその後の治療や支援で効いてくる。

 今日の精神医療は多職種、多職域からなるチームでアプローチをおこなうのが一般的である。このチームのメンバーにはさまざまな専門職種の他に当事者自身や家族、他の当事者(ピア)も含まれる。医師は有限な医療・福祉資源を医学的知識、科学的判断と医倫理にもとづいて適切に配分するという社会的責務を負いながら、支援チームを束ね、さまざまな制約の中で人生の再生のプロジェクトの設計図を当事者とともに描き実行していくいわば設計士の役割を果たしている。その医師の役割で大きいのが『診断』と『投薬』という行為である。しかしこの『診断』も周囲の理解や支援の乏しい状態では単なるスティグマ(烙印)になり、よけいに当事者を傷つけてしまうことになりかねない。また医師を追い詰め孤独にすると『薬』が増えるということも知っておくとよいだろう。回復の道標となる『診断』と、それぞれの当事者にあわせてカスタマイズされた自助具としての『薬』を使いこなして当事者がリカバリー(回復)を果たしていくためには、まず周囲の人、特に家族が元気でいて当事者の回復を信じられるようになることが必要である。そのためには専門職や他の家族当事者による家族に対する支援や家族会が大きな役割を果たす。さらに当事者や家族当事者が専門家と力をあわせて社会に向けて声を上げ、地域に必要な医療・福祉を創り育て、バラバラになった地域社会を紡ぐ活動を粘り強く続けることで、精神疾患に対する理解が広まり、さまざまな支援が増え、たとえ精神障害があっても居場所と出番のある豊かな社会に近づくことができるのだとおもう。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
11.23

認知症の方の運転中止と免許の返納。

Category: 未分類
認知症の方の運転は非常に悩ましい問題です。
公共交通機関、身近な商店の衰退により悲しいことに地方では車がないと生活するのが大変になってしまっています。
運転と金銭の管理は人の力を何倍にもするものですからこれをどう手放していくかというのは認知症診療の初期の山場であると同時に、地域づくりの大きなテーマでもあります。
とある村の診療所に週1回、行っていたときも、認知症があり運転をされている方がいて、条件のいい時のみ家と畑、スーパーの間のみなどと限っている方がいました。幸いというべきか小さな事故をおこしそれを機に運転を引退してもらいました。
その時に相談したある精神科の先生はこの問題に関しては「事故をおこすまでしょうがない。(小さな事故であることを祈る)」と言っていました。
 今では75歳以上で免許更新の時に高齢者講習で長谷川式の簡易版みたいな検査と時計描画テスト、シミュレーターでの運転が義務づけられており、検査の結果、「記憶力・判断力が低くなっている」との結果であっても、運転免許証の更新はできますが、信号無視や一時不停止などの特定の交通違反を更新の前に行っていた場合または更新後に行った場合は、警察から連絡があり、専門医の診断を受けるか主治医の診断書を提出することになります。
そして認知症であると診断された場合には、免許が取り消されます

その医師の診断書ですが認知症に関して最近の改定後はさらに厳しくなり、曖昧さをゆるさないものにかわりました。家族の申請でも免許を返納させられるようになり、様々な機会ごとに、免許返納に関してうるさく言われることがふえ最期には免許を返納せざるをえないような仕組みになっているのかなとも思います。
免許更新時に免許返上を勧告されたり、小さな事故や違反をおこすようなら、それを機に返上はやむなしと思います。

ただ、だれも本人に引導をわたすという本人に嫌われる嫌なことをしたくなく、医師に責任を押し付けているとも言えますが、免許の返納を強く拒否されるようでしたら、「運転免許センターでもう一度免許をとるのと同じ試験をうけてもらうことになるが、厳しいと思う。」とお伝えすればたいてい諦められます。

免許更新の時期には間があり、ごく初期の認知症の場合は、ケースバイケースですが慎重な人なら、「明らかに事故のリスクはあがるので、自分からは運転はいいとは言えないが・・。」と伝え、認知症治療薬を処方しつつ、あくまで自己責任ではあるが「街場には行かない、無雪期の日中で家と畑の間に限定する。同乗者がいる場合に限る。」などとしつつ、自動車運転のない生活の可能性をともに模索すると思います。

その一方で家族には認知症と診断された人が運転すると逆走したり、緊急時の判断ができずパニックになったりする危険性、6人に1人は事故を起こしているという事実を伝えます。事故を起こしても自動車保険が効かない可能性、最悪の場合は危険運転致傷害致死罪などになり家族も罪に問われる可能性などを更に厳しく伝えておき、本人が運転しなくてもすむ生活のあり方を共に模索します。

たとえば週1回買い物に連れ出すようにたのんだり、知人に遊びに出るときは乗りあわせてもらったり、予算をつくりタクシーを積極的に使うなどです。行政によっては免許返納者にはタクシー券や運賃の割引などをおこなっているところもありますね。

ずっと運転していた方がバスなどを使うのはなかなか大変です。お金はかかりますが「かかりつけのタクシー」を持つのをおすすめしています。具体的に自動車保険代、事故のリスク、タクシー代などを一緒に計算してみせるのも良いかと思います。高齢夫婦の片方が認知症の場合などにも2人で出かけたときに一方が買い物をしている間にタクシーの運転手さんが上手く対応してくれたりすることもあります。

行政や警察、タクシー会社などとも協力して上手い仕組みがつくれないものでしょうか?

以下の様なマニュアルもあります。

認知症高齢者の自動車運転を考える、家族介護者のための支援マニュアル

Comment:0  Trackback:0
back-to-top