2013
12.30

認知症と裁判。

Category: 未分類
「訴訟能力なし」と認知症2人の起訴取り消し
共同通信(2013年12月29日)


なんだかな〜。
食料品を万引きした82歳の女性は経済状態はどうだったかと考えてしまうし、お酒を万引きした65歳の男性ってアルコール依存症じゃないかなとおもってしまうわけですが。

精神障害があると被害者にも加害者にもなりえますから・・。
権利擁護と権利行使をどうするか。
認知症なら成年後見人を申し立てた後に後見人が裁判してもよいわけですし・・・。

認知症男性が線路に入り死亡。電車が遅れて遺族に損賠命令がでたような裁判事例もありました。

認知症男性、線路に入り死亡 電車遅れで遺族に損賠命令
(2013年8月10日)


これから増えてくるであろうこのような事例を社会としてどう考えるか・・。
軽犯罪とはいえ司法は司法として医療は医療としてもっと丁寧にちゃんとやらなきゃいかんとおもいますね。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top