2014
03.30

開発途上国の貧困と健康

Category: 未分類
3月27日に佐久医療センターで佐久病院国際保健委員会の第一回の勉強会がありました。

その日はたまたま佐久病院での外来応援の出張の日で、帰りにはじめて佐久医療センターに寄らせていただきました。
シャトルバスで一緒になった渡辺仁院長やリハ科の藤井先生に病棟やリハ室、医局などを案内していただきました。

佐久医療センター


まず驚いたのは空港か星野リゾートかというようなエントランスでした。
そして広々としていながらも機能的な病棟、そして100床以上をカバーする天井走行式リフトも圧巻でした。

勉強会では真新しい会議室に、外国人を支援する活動をしている市民、春季実習中の医学生、研修医、看護師などの職員が30数名集まりました。


講演は「 開発途上国の貧困と健康」というタイトルで、演者は港町診療所(SHARE=国際保健協力市民の会)副代表の沢田貴志先生でした。
佐久病院はJICAなどで海外へ出た経験のある職員も多く、海外からの研修や視察も多い病院であり、病院の理念にも国際保健協力がうたわれており最近になって国際保健委員会が組織されています。
なんと、どの職種の職員でも佐久病院に籍をおいて身分を保障されたまま海外活動へ参加でることができる仕組みも整備されるそうです。

演者の沢田先生とは数年前、松本で開催されたタイ国の移動領事館の際の健康相談に佐久病院の看護師や研修医とともにご一緒した事があります。佐久から松本へ向かう車中で日本国内にいる外国人の現状などについて教えていただきました。

講演ではまず、沢田先生がいらした1990年代はじめのフィリピンのスラムの写真をもとに回虫や結核、子どもの労働や、貧困で医療にアクセスできない状況などが説明されました。

タイやマレーシアなどではその後、健康状態を示す様々な指標が改善されているのに対して、フィリピンではなかなか改善されていきませんでした。
医師数が多いのですが社会保障は脆弱でであり、都市と農村部の格差は大きく公的医療を担う人材不足が深刻なためです。
これは経済格差が大きいのに民間に任せた医療政策のために人材が海外へ流出し、また都市部への集中したことが大きな要因だそうです。
そもそも富裕層しか医師になれず、英語がつかえるフィリピンの医師の半分は米国など外国に出稼ぎにでかけて家族に仕送りしています。残りの半分が都市部のアメリカ資本などもはいったプライベートホスピタルで勤務しており、貧困層の手のとどかないところにいます。
残りの医師が、貧困層を相手にした公的病院や地方の医療を担っていますが、とても追い付きません。

そんな中で佐久総合病院も応援しているフィリピン大学医学部レイテ校では地域の人たちの推薦をうけて入学し、助産師、看護師、保健師と実践しながらステップアップして入学者の1割が最終的に10年以上かけて医師になっていくような素晴らしい医学教育をおこなっています・・。

国際保健

一方のタイは、国営の医療の比重が高く、保険制度も整備され、保健ボランティアが96万人もいて、公衆衛生は充実しています。
講演の会場には3人もタイのマヒドン大学に勉強に行っていた医師がいました。
従来から公立病院での医療はほぼ無料でしたが、低コストの医療に限られており、医療の進歩の中、都市の民間医療との格差が生まれ農村の住民に不満が蓄積されていました。
そんななかで2002年には30バーツ(約100円)、2006年には国民医療保障制度で医療費が無料化されだれでも医療がうけられる政策なども行われています。
HIV/AIDSの政策でも注目されており、HIV/AIDSの患者会が病院の運営に参加するなどピアの活動も盛んです。

しかし、財源確保の問題や、患者数増加による病院の疲弊、民間医療産業の急成長による人材流出などが問題になっているそうです。

それぞれの国の医療の現状を比べてみるのはいろいろなことが分かって興味深いですね。

TPPなどで騒がれている日本の現状も重なります。
善かれ悪しかれ日本語に守られ、日本の医師にとってアメリカなどの医師資格は高い壁ですが、国民皆保険制度も特区制度や混合医療の解禁の動きの中で風前の灯です・・。
我々の創り守り育てるべき医療はそれぞれの地域で自分たちのものとしてつくり育てる医療なのか、グローバル化の中で民間資本の収益に資するサービス業としての医療なのか・・・。


その後、近くの小料理屋に移動して開かれた宴会では外国人支援を行っている市民の方、佐久大学の教員、国際保健協力に関心のある職員、医学生などなど多数集まりました。(電車で帰るために中座しなければなりませんでしたが・・)

農村部の病院で普通に診療していてもオーストラリアなどからの旅行者の他、フィリピンやタイ、中国、日系ブラジル人などの患者さんがきます。日本人と結婚した海外の方のDVなど問題にも直面します。
不法滞在している外国人に医療が必要となった時に、どのように支援し、病院が医療費をどのようにカバーできるかなどについて興味深いお話をうかがうことができました。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top