2014
06.22

コウノメソッド批判

Category: 未分類
レビー小体病を提唱してきた小阪憲司先生の講演が松本であった。
内容はさすがのまっとうさとわかりやすさだった。

レビー小体型認知症は、REM睡眠行動障害、幻視、薬物過敏、うつ、自律神経症状などの症状から、知れば知るほど診断できて、コリン不活躍、メマリー、抑肝散、セロクエル、LDopaなどを上手に使うとアルツハイマー型認知症以上に患者さんにとってメリットは大きいということがわかった。
(アルツハイマー型認知症との併存も多い。)

面白かったのはコウノメソッドについて・・。

・コウノメソッドの河野先生についてあれは問題がある。
・かってに私に教えをうけたと言っているが、教えたことはない。
・認知症学会のランチョンセミナーによばれて調子にのっている。
・名古屋のあたりではいいと思っている人はいない。
・(長寿の?)遠藤くんといっしょに飲んだ時に、河野くんをよびだしてしめてやらんといかんといっているんですよ。

などとメタメタだったこと。
特に、

・フェルガードにそまっていて業者とつるんでいること。(得にこの点に批判的)
・アリセプトなどのコリン賦活薬を3mg以下の少量でなければいけないと決めつけていること。治験でも少量でいいケースもあるが量を増やした方がいいケースもあるというデータがでている。
・いまさらシチコリンなどは使わなくてもいいということ。

などの点に批判的だった。

河野先生の著書にはけっこう現場で使えるコンセプトや処方のコツなどはあり、他にこれほどプラクティカルな治療マニュアルはないのでよく利用させてもらっているのだが・・。
その後、そのことを、河野先生の医院の近くで認知症診療をやっている先生にもきいてみたが、最近は言葉や症状の組み合わせで自動的に薬がきまるような診療で、サプリメントのフェルガードを使わない人は診ないそうであり、それで上手くいっている人は残るが、がっかりして逃げ出してきている人もいるとのことであった。

あまりにたくさん診すぎているためだろうか、介護者にもアセスメントを依頼し、患者さんにあわせて丁寧にカスタマイズをするというコウノメソッド当初のコンセプトが河野先生自身から抜け落ちるような事態が発生してしまっているのだろうか?

優れた臨床家であったのかもしれないが、あまりに科学的でない一方で、いつのまにか教条的になりすぎている点が批判されている点なのだろうと思う。

スポンサーサイト
Comment:21  Trackback:0
back-to-top