2014
12.14

衆議院選挙の結果を受けて

Category: 未分類
予想通りといえば予想通り。
何のために700億も投じておこなった選挙だったのか。
安倍自民党のの安倍自民党による安倍自民党のための、自民党の延命のための大義なき選挙。

わずかな希望の光は共産党の躍進と沖縄での自民党の全敗、逢坂誠二さんや中島かつひとさんの当選か・・。。

2大候補に収斂することで政権交代を起こしやすく民意を問うことが出来るコンセプトの小選挙区制であったが、民主党の体たらくで二大政党が成り立っておらず、野党の協力体制もなくてはこうなるのも当たり前である。
自民圧勝も何も、ほとんどの選挙区が対抗馬共産党のみで、民主党の本気度を疑う。
共産党が選挙協力したら野党側が勝ってた選挙区があるといわれるが、本気なら野党第一党の民主党は共産党のように全選挙区に立てるべきであった。
実際、共産党も沖縄では選挙協力しているし・・。
小選挙区に対応した二大候補者に収斂しての選挙戦の結果と捉えれば、「正しく」小選挙区制の選挙をやっているのが沖縄で、他がおかしいと言えなくもない。

それにしても、もう劣化自民党となってしまった民主党も、自民党の補完勢力の公明党、隠れ自民党の第3極、維新や次世代もいらないから、右の自民党と左の共産党の2大政党でいいとおもう。(生活の党が元気なら一番いいのだが・・)

もっとも政策的には共産党のほうが保守的で自由で民主主義的な国民政党っぽくて、自民党こそ新自由主義で独裁の北朝鮮かシンガポールみたいになってきているけどね・・・。

それにしても、もうおらが村の代表と言っている時代ではないので、世代ごとの代表をだす世代区による選挙にするとか、まず選挙制度をなんとかしたい。

務台俊介みたに国会議員としての仕事もそこそこに、地元の草野球から夏祭りまでなんでも顔を出したがるウザい議員がはびこるだけだから。
粘着しているわけでもないのに少々耳の痛いことを言うだけでツイッターやFBでブロックしているくせに、メルマガだけは一方的に送り続ける失礼なやつだぜ?

それにしても自民党は争点はアベノミクス!消費税!経済成長!って言っておいて選挙がおわるとさっそく「憲法改正にむけて」とか言い出している。
信任を得たとか言ってやりたい放題されるから政治から目を離さないようにせねば。
自民党もかつては派閥なんてのがあってバランスがとれていたが、いまやそれもなくなり独裁がすすんでいます。多様性のない政治ってのは正直怖いですよ。





スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top