Entries

スポンサーサイト

昨今の認知症治療薬について

認知症は人生の戻り道の障害・・(障害は支援の必要性で定義されます)発達障害の逆のいわば「解体障害」だとおもっています。「解体アンバランス症候群」ですね。そして本人の体験からすると「慢性混乱症」です。認知症ケアは緩和ケアでもあるともいえます。脳の特定の部分のみ先行して解体していくアンバランスさが辛いのです。ですので認知症治療薬はバランスをとるための自助具の一つとしてとらえるのがよいかとおもいます。そ...

Appendix

プロフィール

toipsy

Author:toipsy
地域医療、リハビリ、地域ケアなどを経て、長野県の精神医療分野辺縁に生息。児童思春期青年期、発達支援中心。セルフヘルプ、ピア、地域づくりなどに興味があります。
2013年以前の記事はこちら

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。