2017
06.18

安倍チルドレンの中に”りりぽん”はいないのか?

Category: 未分類

学級会以下の崩壊状態の国会が終了し「共謀罪」が成立した諦めと無気力が蔓延する日本という国ですが、国民の皆さんはいかがお過ごしでしょうか?


政治に関心を持たせないための国策の「パンと見世物」の一環ともとれる、心底どうでもいい第7回AKB選抜総選挙の発表イベントが開催されました。

沖縄のビーチでの開催も悪天候のために観客なしでの開催だったそうですが・・。


そこで”りりぽん(20)”なるNMBメンバーのアイドルが、「恋愛禁止、うんこもしない」とファンを信じさせるのが掟であったはずのプロアイドルとしては掟破りの電撃結婚発表(超個人的な空気を読まない言動)をしたということが話題になっています。 
そして得票は20位ながら、”さしこ”のトップ、”まゆゆ”の卒業などをすっ飛ばしてすべて話題をかっさらっていったそうです。

「風穴をあけるっす」「面白い未来はりりぽんに任せてくださいっ!!」などと言っていたそうだから、確信犯でのブルーオーシャン戦略なのでしょうか?

まさに目的は達成されたわけであります。

それともそうでもしなければ抜けられないなどの深い事情があったのでしょうか?


いやむしろAKB商法も賞味期限切れの感じもあり、スキャンダルも含めての商品だから、すべて秋元康(&電通&自民党)あたりもかんだ上での仕込みの炎上商法の可能性も捨てきれない。むしろそっちの可能性の方が高いかもしれません。
ファンの悲鳴や先輩方の反応やコメントも話題になっていますし。

だとすると狙い通りなのかもしれません?


ところで、この話題を聞いて個人的に感じたことです。

それは国民からも自民党執行部からもバカにされている職業として政治家を選んだ安倍チルドレンたちのことです。


どう考えても政治家としての資質にもとる元バレー選手や、アイドルユニットスピードのメンバー、料理研究家などが「知名度を元に当選し、党議拘束に従って投票するだけの簡単なお仕事」につられ選挙にでて当選して議員になりました。


しかし今の安倍政権のモラルにもコンプライアンスにも欠ける言動をみて、国民の声を聞いて一人くらい電撃記者会見を開いて政権のあり方に疑問を投げかけ、共謀罪に反対票を投じる与党の議員はいないものかと、こう考えるわけであります・・。


党執行部は過去の経歴からの知名度はあっても、ポリシーはない、執行部に逆らわない、考えもしない、そんな力も無い人、国民ではなく党の方しか見ない人だけを第一に厳選して公認しているのでしょうが・・。

しかしおっちょこちょいで目立ちたがり屋でどうせポリシーなど無いのならば、今こそ人生最大の最大の見せ場だったかもしれないのです・・。

党執行部に反対する自体は違法でもないし、まさか生命まではとられまいでしょう。

今、このタイミングなら国民の多くも全力応援します。


いや、もはやそうでもないのか?

すでに弱みも握られていて見せしめで御用メディアを総動員した人物破壊や、なんだかんだの罪状で無理やり逮捕されたり、裏社会にも手をまわされ家族を人質にとられている奴隷たちなのでしょうか?

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル)。


私が発達障害の人に期待し希望をもっているのはこういう部分であります。

集団の論理に取り込まれず、普段は集団に排除、迫害されながらも、そのマイペースさ、KYさゆえに集団の危機を救うこともあるかもしれないのです。


明日を今日よりも少しでもマシな社会に。




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top