2018
02.04

ヘルスリテラシーとヘルスコミュニケーション

Category: 未分類
あるグループでの議論の途中でまとめたので、シェア。

何かが何かのリスクになる、あるいは効果があるというためには、科学的な方法論に則ったものでいないと、いくら主張しても受け入れられず、根拠の乏しいものを断定的、教条的に主張すると宗教や疑似科学の範疇にいれられてしまうことを覚悟しなければなりません。

科学的根拠(エビデンスといいます)にはレベルがあり、高いレベルのものほど質の高い科学的根拠になります。偏り(バイアス)の除去と再現性がポイントです。根拠のレベルはおおざっぱに以下のようになります。

①迷信や風習、伝聞、個人的な経験
②専門家の意見
③単発の事例報告
④複数の事例報告をまとめたもの
⑤過去のデータを集めて確認したもの
⑥未来に向けてデータを収集したもの
⑦条件をできるだけ揃えて治療法の場合は介入群(例えばお薬やある治療法など)、リスクの場合は暴露群、例えば科学物質や放射能など)と非介入群(非暴露群)を出来れば被験者や検査者にもわからないようにして追跡したもの
⑧ 複数の⑦をまとめて解析したもの

の順で、高いレベルの根拠になります。
ポイントは個人的な事例や伝聞でも一応根拠になるということです。
ただし、科学的根拠のレベルは低く、今後の検証や研究を待つ必要があります。
また一見科学的な体裁が整ったものでも批判的に吟味され、バイアスが検証されたり再現性が確認されなければなりません。

倫理的な問題に配慮しながら、細胞実験や動物実験(マウスやラット)なら同一の遺伝背景をもつものでの研究がなされてますが、ヒトの場合はクローン人間を使うわけにはいかないので、ある地域の集団(コホートといいます)や双生児を追跡調査したり(東大でやっていますね)、診断や年齢などできるだけ条件をそろえた人を募集して調査や介入研究をしたりして研究者は科学的根拠づくりにいそしんでいるわけですね。
そして今ある科学的根拠を吟味して診療ガイドラインなどが作成されています。

現実には十分な科学的根拠のない中で治療法やリスク回避を、本人の価値観を尊重しながら、取りうる選択肢のなかから選んでいかなければなりません。

毎日新聞の連載「健康を決める力」も参考になります。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
02.03

プラットフォームとしての高等学校

Category: 未分類
厳しい家庭環境、発達特性、中学までの不登校など様々な困難を抱えている生徒がたくさん通う県立の定時・通信制の高校での進路指導、SSTと情報交換会に参加させていただいた。
私も支援に関わっている方も多数お世話になっている。

なかなか先が見えない、先のことが考えられない、なんとなかると思えない子も多い。経済的に苦しくアルバイトしている生徒も多く、学業だけではなく、進路指導やデートDV防止講座、常設の相談室、個別支援計画などが丁寧で、生徒と先生との関係にもあたたかさを感じる学校であった。

3年次だけではなく、1年生も参加。大手スーパーに就職内定したばかりの生徒、働きだして1年のOB、その会社の教育訓練マネジャーのお話。新人研修の内容と同じであろう働く意味や、バイトと正社員の違い、小売業の歴史、社会的意義といった話も良かったが、働きはじめて1年の方の「マンガやアニメに自由に趣味に使えるお金が増えた。将来はそこそこ出世して結婚して家庭をもちたい。」という話に「二次元、三次元?」と先生が突っ込む掛け合いも素晴らしかった。

講演の後、準備、練習してきたグループに分かれて外部の方も交えての面接の練習だったが、「バイトの経験」と「休日の過ごし方」ってのがキークエッションだなぁ。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top