2014
08.31

精神科におけるNIRS(ニールス)検査と患者中心の医療。

Category: 未分類
信州大学にて、安曇総合病院の鬼頭先生が前座をつとめ、群馬大学の福田教授をお招きしてのNIRS(光トポグラフィ検査)を中心とした講演会(信州うつ病フォーラム)が開催されました。

kitou.jpg

当院の鬼頭医師は昨年まで信州大学でされていたお仕事である老年期うつ病とアルツハイマー型認知症の鑑別補助にNIRSをつかう基礎研究について発表されました。
苦労の末に論文化され国際学会でも発表されるようです。
研究の苦労話なども伺うことが出来ました。

群馬大学の福田教授はNIRSの実用化に向けた実践の第一人者であるとともに、生活臨床や当事者主体の最近のムーブメントのなかでも中心となって活躍されている先生です。
これまで先進医療(つまりは治験)としてしか使えなかったNIRSも、関係者の努力の甲斐があって安いですが保険収載されました。
日本初のNIRSはfMRI同様のリアルタイムな脳機能を画像化できる検査ですが、時間分解能に優れた簡便な検査であり今後の臨床応用が期待されています。
NIRSの基礎から臨床における位置づけ、精神科にも他科のように当事者とともに検討することの出来る明確なバイオマーカーができることで日常臨床がどのように代わるかというお話をされていました。

身体医療が検査漬けの反省から問診などが見直されれている一方で、精神医療では検査がもとめられているのが面白く感じられました。いづれにしても丁寧な問診や精神療法の大切さには変わりはありません。
安易に検査結果に頼った自動販売機のような医療になる危惧はないではありませんが、コミュニケーションツールとして新しい可能性が広がりそうです。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://toipsy.blog.fc2.com/tb.php/446-c69605d7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top