2017
01.31

学校教育にSSTを

Category: 未分類
支援会議への参加に合わせて中学校の特別支援学級でSST(ライフスキルトレーニングと称していた)を中心とした取り組みをしている学級を見学させていただいた。1〜3年の支援級の生徒が中心で全校からあつまり1年を通じてSSTの時間がとられている。オープンダイアローグや、べてるの家にも通じるような最先端の取り組み。

かなりチャレンジングな発達特性の児童の育ちを支えているが、学校という枠組みを利用しながらも、定型発達児童の年齢相応の達成を求めるようなことはしない。一方的に命令や強制したり叱責することなく、本人の体験を共有する対話と提案と合意を重視している。常に肯定的評価ができるような関わりをおこない強みや出来たところに注目。授業や集団にも最初は5分でも参加できれば十分とするなどスモールステップをきざむ。

スキルに焦点をあてモデリングとロールプレイで3年間を通じて繰り返し練習、特に問題がおきたときはわからないところをわからないままにせず、仲間で徹底的に対話をおこない、スキルの練習につなげる。実際に生徒の間で起きたトラブルをもとに、先生たちも照れたり、動じたりすることなくロールプレイを行っていた。

教室の黒板には「挨拶スキル、参加スキル・・感情コントロールスキル・・・・話し合いスキル、男女関係づくりスキル」などの基本スキルのボードが常に張られている。

また授業やグループ以外の時間では見守りがありながらも自由に使える部屋があり、そこでは自閉性や多動性、衝動性も保証されており、みんなでゲームをしたり、個別のブースで勉強したり昼寝するのもOK。発散あるいはクールダウンしてもらう。

一方で個別に家族との関係や進路などさまざまな相談に関してもとても丁寧に関わっていた。
非定型発達の児童への発達支援として、いや定型発達のこどもたちにとっても道徳教育などよりよほど有用なユニバーサルな教育方法ではないだろうか?

ただ中心となって実践されている先生も(大学病院にも内地留学されしばらく診療やSSTなども勉強していかれた先生)、ひろく教育現場にも広まってほしいが、なかなか難しいのだと嘆いていた。
医療として出来る形でアシストしていきたい。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://toipsy.blog.fc2.com/tb.php/475-bb176316
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top