2017
05.16

子どものための精神医学

Category: 未分類

「子どものための精神医学(滝川一廣著)」読了。

この本、めちゃくちゃいいっす。中井久夫先生のお弟子さんだけあって中井久夫の本を読んでいるときに感じるような重厚感と丁寧さ、教養の深さが感じられる本です。
発達をピアジェ的軸(認識の発達)とフロイト的軸(関係性の発達)の二軸から読み解く発達の話が中心ですが、医学生物学的なこと、家族や社会の変化などなことについても丁寧に述べられています。
いわゆるハウツー本のようにスラスラよめる感じではありませんが、骨太で自分が常々考えていたことに言葉やシェマをあたえてくれます。また事例や周辺の知識、具体的、実践的な考え方や姿勢もたくさん述べられており基本的な考えが理屈から整理できました。
子どもの発達にかかわるすべての人にオススメです。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://toipsy.blog.fc2.com/tb.php/481-7bc1cdfb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top