2017
05.16

信州の発達障害支援を考えるシンポジウム

Category: 未分類

平成28年5月13日、信州大学子どものこころ診療部セミナー(シンポジウム)が開催されました。


シンポジスト
   新保 文彦 氏(長野県松本圏域発達障がいサポマネ)
   藤村 出 氏(NPO法人SUN理事長)
   高橋 知音 氏(信州大学教育学部教授)
コーディネーター
   本田 秀夫(信大病院子どものこころ診療部部長)


セミナー2017 


自分なりのまとめをシェアします。

会場外で聞き取りにくい無線で聞いていたので、自分フィルターを通して、最近読んだ本や当事者や会場での対話などを含め、考えたことを補足して自分の言葉でまとめた理解です。シンポジストの発言と細かい内容は違っていると思います。

支援の必要性に幼少期より気づかれ心配されていても連携がうまくつながらず支援が途切れてしまうことが多い。もったいない。特に思春期〜青年期前後で医療も教育も福祉的支援も空白地帯となる。大学、社会に出る段で失敗体験から二次障害に。ライフステージを見据えて関わることが大切。

気付かず型、がまん型の潜在ニーズを放置し二次障害をきたす事例にしないための啓発活動と、障害の有無をとわない出生時(出生前)からの広く一般を対象としたインクルーシブでユニバーサルな支援が必要。正しい理解と効果的な支援技術を広く一般に知ってもらう。親支援と親の仲間づくりも。

そもそもみんな違うことがスタート。ダイバーシティを前程とする。それぞれにあった育ち方、育て方がある。みんなと同じを捨てる。その上で社会に認められる生き方。協調性、同調圧力よりも社交、公共性。それぞれ得意なこと、苦手なことは認めあい、助け合う。それを認める社会に。

ASDやADHDへの理解は広まってきたが学習障害は見過ごされている。学習困難があるのは成績不良で分かる。学習効果があがらないのは教師の責任。合理的配慮(教育的配慮)は医療の診断を得なくてもどんどんすればよい。視覚支援、聴覚支援、テクノエイドなどはどんどん使っていけばいい。ただ入試などの試験での配慮には現状では医療的な診断が必要。

ASDでは趣味や余暇活動や仲間づくりにも支援が必要。学業や就労支援よりむしろこちらが先。行動援護やネスティングの場が鍵。好きなこと、興味のあることを通じて他者と活動することが自己肯定感を高め、社交スキルを養い、力をためる場になる。部活動などの課外活動を学校教育と切り離した場でできないか?

支援もスペクトラムで。バラバラの医療、教育、福祉の壁を超えるコーディネーターやサポマネのうごきが鍵。ケア会議が大切。ライフステージを見据え、ミクロ、マクロ、メゾの視点、バイオメディカル〜サイコソーシャルの視点をもち、病や障害をもちながらの人生計画の設計士たる医師ももっともっと現場にでていけるような診療上の体制になればいいなぁ・・。


セミナー20172 

いとぐるまの会で作成した啓発パネルも展示

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://toipsy.blog.fc2.com/tb.php/482-6c287d7e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top