FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
06.24

プライマリ・ケア連合学会in三重へ参加

Category: 未分類
6月16-17日と三重県津市で開かれたプライマリケア連合学会に行ってきました。

三重


総合診療学会、家庭医療学会のときに1度ずつ参加、その後プライマリ・ケア連合学会になってから札幌での大会以来の参加です。
学会員ではないのですが初期研修の同期(学生の時の佐渡ヶ島での社会医学セミナー以来の付き合い)の洪英在先生が企画したシンポジウム「大人になった障害者たちのケア 〜プライマリケアの出番ですよー」に登壇させていただきました。医療的ケア児と知的障害の健康管理の話に続いて、自分は「知的発達障害の移行期の現状と課題」というテーマでしたが、時間が20分と短かったので一気にしゃべくったので疲れましたが、伝えたいことは言えたかなと思います。
後半のディスカッションはプライマリケア医に対して不登校支援や学習支援、トランジション研究やっている人たちがメッセージを伝える場になっていました。
プライマリケアへの期待が大きいということでしょうか。地域に根ざした医療を行うには、さまざまな地域のフォーマル、インフォーマルなリソースとのコミュニケーションをとりながら繋げて支える仕組みづくりも必要です。
五十嵐先生の言う風邪っぴきの医者には、家族まるごとや、支援を受けることに支援が必要な精神障害の方々にさまざまな支援、ケア、医療に届けられるきっかけとなる可能性がありますが、ユースワーク、ユースメンタルヘルス、障害の医療にもまだまだ課題はありまくりだなあと思いました。

お願い

佐久病院の同期や先輩、後輩、大町病院の先生方、大学の後輩などたくさんの知人にも合うことができました。
精神神経学会より知り合い多いやろ・・。障害分野のプライマリケアはまだまだ医療過疎地です。
自分も分野としてはこっち側の人なのかなと再認識。


学会の印象として

•アカデミック色はあまり濃くない。基礎医学の研究は皆無。社会学っぽいのは多い。

•総合診療、家庭医療、地域医療は大学内では力を持ちにくいからか?
•いろいろな試行的な試みが多い。
•QRコードでの資料配布も結構あった。
•ラフな格好の人、子ども連れも多い。
•若い人も多い。高齢医師も多い。開業医か?
•カフェや参加型のミニイベントなどがありクリニックや小病院で働く若い医師が全国に仲間づくりができる。
•多職種をうたってはいるが基本的には医師が多い学会。あとは認定の研修のため一部薬剤師くらいのよう。
•発表のタイトルも新書のタイトルみたいに自由なものが多い。
•発表は現場に即した臨床研究、地域研究、教育、実践報告など、さまざま。
•ちょっと取り入れたいと思うようなアイデアや小ネタを集められる
•疑問に思ったことを小規模な前向き調査、後ろ向き調査、横断研究、介入研究などか多い。
•研究のやり方を指南するセッションもあり、大学などの使えない人のために学会で倫理委員会も持っている。ちょっとやってみようかと思わせる。
•知り合いにたくさん合う。精神神経学会に行くよりよほど合う。
•自分は救急外来に出ることもなくなり病棟もみなくなり、身体疾患はあまり見なくなったが疾患の症例報告などの発表は多くはないが、身体疾患の報告のポスターもまだ楽しめるレベルの知識や経験はある。特に高齢者医療の話題は十二分についていっている。
•プライマリケアケア医にアピールしたいいろんな団体の発表もあったりする。(学習障害支援、セクマイなど)
•運営会社(コンベンョンリンケージ)のスタッフの動きは良く気持ちいい。シャトルバスなどもキビキビ。さすが餅は餅屋。
•移動販売やテントの屋台村みたいなのが出ている(お金払って来てもらっているよう)
•企業展示などもクリニックなどで使える簡易検査機器、AI問診システムなどあり面白い。

学会として社会にいろいろ提言したりしている。
日本医学会や専門医機構、他の学会との関係で大変そうだが、認定医、専門医のプログラムとは別にしてもいろんな楽しみ方は出来そう。
現場、フィールドを持っている実践者が多く、無理くりな感じの研究のための研究があんまりないからかなあ。
オープン、フラット、シェアの雰囲気がある面白い学会でした。

SDH(健康の社会決定因子)のシンポジウムにも出ましたが、若手を中心に学会としてそこに取り組むというスタンスを明確に打ち出しているのはすごいなと思いました。SDH(健康の社会的決定要因)への取り組みを学会として宣言として出したのも素晴らしいですね。

SDHに関しては、もし社会的課題を発見してしまったら、
①第一線の現場で事例とチームで格闘してローカルな仕組みを作り上げるだけではなく、
②学術方面へは調査研究を通じた検証と実態調査エビデンスづくり(③、④のベースになります)
③政治方面へは政治活動(ロビイング)を通じたシステムづくり(政治参加にもいろんな方法があります)
④一般方面へはメディアなどを通じて啓発し文化づくり(当事者が語るということを大事にしています)
⑤仲間を増やし、後進を育てる。
とアプローチすることが大事かと。
これらがつながっていることが大事で、それぞれが得意なところでやればいいとおもいます。
結果としてそれがSDHへの上流へ迫ることになるのではないでしょうか?


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://toipsy.blog.fc2.com/tb.php/511-c9994c81
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。