FC2ブログ
2018
07.16

日医”医師は過労死ラインを超えて働き、地域医療を守れ”

Category: 未分類
過労死ラインが上限なら「救える患者も救えない」 - 日医、医師の働き方改革に関する意見書を公表(CBニュース)


“日本医師会(日医)は11日、医師の働き方について「自己研さんの在り方」や「宿日直の在り方」など重点分野12項目を盛り込んだ意見書を公表した。重点項目の一つの「時間外労働時間」の上限を設定する「医師の特別条項」を提言。松本吉郎常任理事は同日の定例記者会見で、長時間労働をする医師が多い実態を踏まえて、特別条項で設定する上限を「過労死ライン」で設定すると、医師不足などで地域医療が崩壊する危険性もあり、「命を救える患者さんも救えない状況になる」と指摘。「医師の特別条項」の上限を超えることも「特例」として認めるべきだとの認識を示した。”

主に開業医からなる団体である日本医師会によると医師は過労死で死んでも良い、あるいは過労死ラインを超えても過労死しないスーパーマン以外は医師になるなと言うことのようです。ふざけるな💢
この政策で犠牲になる過酷な病院医療の最前線にいる医師がほとんど入っていない団体が、自分たちは安全な場所にいて、医師の代表面して、こう言う主張をしていることに本当に腹が立つのです。この松本吉郎常任理事は医師になり8年で開業した皮膚科の開業医だといいますが、「当事者抜きに当事者の事を決めるな」ですよ。
日本医師会やその幹部連中は一体だれのために仕事をしているのでしょう?なぜ、こんなしょぼい提言しかできないのでしょうか?

自分は子どもを授かった後、患者を人質にとられた状態で、自分か家族か患者が死ぬかという状態に追い込まれた末、病院医療の第一線から逃げ出しました。10数年はくらいは全科当直も続け、消灯時間までは病棟に張り付き、休みも少しで頑張りましたが、ケア責任も生まれ、加齢による体力低下もあり頑張れるのは一時的なのだと悟りました。
日本医師会のこの主張が医師の総意とは思えませんし、スーパーマンや個人の頑張りに頼る医療ではサステイナブルではないし、その結果として医療がなくなってしまっては医師も市民も幸せにしないとおもいます。

ちなみに日本医師会は医師全入の職能団体と思われがちですが、病院勤務の若手の医師はほとんど医師会員ではなく、開業医や病院経営陣、病院幹部クラスになって入る人が多い開業医主体の団体です(企業における経団連に近い)。今回のその主張は経団連が主張し与党が強行採決した「働き方改革、高プロ制度」とそっくりですね。
国民を守るはずの法律を(権力者が)守れないなら法律の方を変えて現実に合わせてしまえと言う現政権のスタンスに沿ったものです。

賠償保険と抱き合わせで若い勤務医の医師会への入会を勧めているけど、若い医師はこんな事を主張する団体に入りたいと思うかなあ?大事なのは今だけ金だけ自分だけでだれも幸せにならない、こんなことを主張しているような日本医師会は先がないんじゃないかなと思います。

一方の地区医師会は日本医師会の下部組織ですが、こっちは隣組みたいな行政からの情報伝達や下請け、親睦、互助組織みたいな感じのところが多いように思います。職業ギルドというよりは役所や上部組織の伝達機関かつ、一方で日本医師会の役員の選出機関となっていることに問題があるのではないでしょうか。

医師が仕事をしていく上で関わる団体には診療科ごとの医局、それぞれの科の学会、医師会などの諸団体がありますが、最終的には患者さんのために独立した立場で関われるのが医師だとおもいます。
なんだか医師を取り巻く状況も、なんだかおかしなことになってきているように思います。

皆さん、どう思われますか?

「過労死ライン超えて働け」という日本医師会に対して現場から「お前が働け」の声多数

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://toipsy.blog.fc2.com/tb.php/513-c73b1c40
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top