FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
07.31

多職種ごちゃまぜ研修会

Category: 未分類
地域医療やIPE(多職種連携教育)領域では有名な宮崎大の吉村先生を招いての多職種ごちゃ混ぜ研修会に参加してきました。

ごちゃまぜ1


保健医療福祉のいろんな職種、職域の学生からベテランまで参加がありました。

講演を聞きましたが、吉村先生は岐阜県揖斐での診療所時代から地域に巻き込まれ巻き込んで、また学生や研修医を巻き込んでの実践がすごいですね。在宅置き去り研修やむちゃぶりなど楽しそうです・・。
自分ももう少し活動をひろげつつ、いろんな職種の学生なども巻き込んで当事者主体の支える医療、地域づくり、多職種協働の楽しさ伝えたいなあと思いました。

多職種連携は今ではどこでも言われるようになって、上から降りてきて行政などが仕切ったグループワークなども入った研修も増えています。しかしさすがに研修会のやり方やファシリテートの細かな工夫がすごく盛り上がりました。
よく構造化されており、テンポもよく仕込みのファシリテーターなしでも、わかりやすく気持ちよくグループワークを進行することができました。

グループワークではうちの班はアイスブレイクの輪っか作りゲームでも優勝。ロールプレイでもそれぞれの役になりきるなどチームワークが抜群に良かったと思います。

ごちゃまぜ2


せっかく何らかの予算で人を集めて研修などを開催してもまだまだ単一職種、職域のものや外部講師を招いての講演会、せいぜいパネルディスカッションくらいで止まっていることが多くもったいないなと思うことが多いです。

児童発達分野でも教育、医療、福祉、行政をまたいで是非こういう形の研修を開催したいなあと思います。

以下は講演、グループワークの工夫に関してのメモです。

(レクチャー開始時)
・最初に参加動機(望んで、なんとなく、動員されて)を聞く。
・やる気、テンションを親指で示す。Sumup(100%)Sumdown(0%)
(休憩→グループワーク)
・一番若い(と思われる人)が司会。右回りに話す。
・職種と簡単な自己紹介のあとニックネーム。名札の裏に書いて回す。
(アイスブレイク) 新聞紙とスティックのり2本、ハサミ2本
・作戦会議後、2分で輪っかをつくってできるだけ多くつなげたチームの勝ち。手を上げた状態からスタート。優勝チームに何が良かったか聞く。
・2回戦は再度作戦会議後、今度は始まったら話してはダメ。アイコンタクト等でコミュニケーション。
(ロールプレイ)
・グループワークは役割は民主的な方法(じゃんけん、あみだ、くじ)で決定。自分の職種以外で。
・シナリオ、設定にそってロールプレイ。アドリブどんどん(ケア会議)。
・感想をインタビュー(アイスブレイクの優勝チームのみ)
・感想を模造紙に書いて読み合う。
(休憩→レクチャー)
・学生さんに感想を聞く
・握手、ハグ、ハイタッチのどれかでグループ解散

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://toipsy.blog.fc2.com/tb.php/514-19dde69a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。